×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

shinobi1

どうして胸が小さいの?

■無理なダイエットがペチャパイ原因の1つ

痩せたい!


世の女性の多くが思っている「痩せたい願望」。中には無理なダイエットをすることによって女性ホルモンのバランスを崩し、そのことが原因で胸の成長を妨げている方もいるんです。今現在、胸の小ささに悩んでいる方で、成長期の中学や高校生の頃に過度なダイエットをしていたとい う経験のある方、いますよね?


そもそも男性が考える“痩せている”は、女性の考える“痩せている”と大きな違いがあります。女性の考える痩せてい るは、男性にとっては“痩せ過ぎ=ガリガリ”で あり、そこまで痩せているのは多くの男性にとって魅力的ではないようです。


胸が小さくて悩んでいる方、女性ホルモンのバランスを崩す間違ったダイエット方法を卒業して、真剣にバストアップ= 豊胸に取り組んでみませんか?
バストラブチャーム【2個セット】
バストラブチャーム【2個セット】

バストラブチャーム【2個セット】

デュクスボーテ トリプルリフトブラ ベビーピンク M70 (補正下着 ブラジャー)
デュクスボーテ トリプルリフトブラ M70(補正下着 ブラジャー)

デュクスボーテ
                      トリプルリフトブラ ベビーピンク M70 (補正下着 ブラジャー)

■おっぱいの大きい小さい

胸=おっぱいは、母乳を作る乳腺と脂肪でできています。そして胸の大きさは、乳腺の発達具合で決まります。つまり、 乳腺が発達していないとおっぱいは小さく、乳腺が発達しているとおっぱいは大きいんです。したがって胸が小さいとい うことは、乳腺が発達していないということだから、乳腺を発達させれば大きくなるのでは!?


ここで乳腺の説明を。


乳腺とは、乳首の周りにあり、乳汁を分泌し、触るとコリコリした堅い器官。乳汁を作る乳腺葉と、乳汁が流れていく乳管からできています。
乳腺は、生理が始まる頃からでき始めて、20〜30代が一番多くなり、その後は、徐々に脂肪へと変わっていきます。その乳腺を発達させるには、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌が必要です。


つまり、おっぱいが小さいということは、女性ホルモンの不足により乳腺の発達せず、その結果、胸に脂肪が付かないため貧乳になったということなのです。なので、きちんと女性ホルモンを分泌させて乳腺の発達を助け、胸に脂肪を付けれ ば、おっぱいは大きくなるのです(^^)。

女性ホルモン

■女性ホルモンでバストアップ?

では、女性ホルモンが分泌され乳腺が発達すれば、バストアップ=胸は大きくなるのでしょうか?


女性ホルモンは、思春期から成人期にかけて多く分泌されます。女性ホルモンが多く分泌されるほど乳腺の発達を促し、 胸に脂肪が付き、豊かな胸になると考え られています。


女性ホルモンが多く分泌される成長期(中学〜高校時代)に、激しいスポーツやストレス、ダイエット、不規則な生活、 乱れた食生活などで、女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、女性ホルモンの分泌が不足してしまい胸に脂肪が付かず、胸は発育しません。胸の大きさに悩む成人女性の多くは、成長期に女性ホルモンが分泌されなかったような、上記のようなことが当てはまるのではないでしょうか。
プエラリアサプリ「マチュレ」
プエラリアサプリ「マチュレ」60粒

プエラリアサプリ「マチュレ」

成長期を過ぎてからのバストアップ=豊胸

■成長は何歳まで?

ということは、乳腺を発達させれば、胸は大きくなるのか!? そしてそれは、成長期を過ぎても可能なのか?

妊娠すると胸が大きくなるという話、よく聞きますよね。それは、女性ホルモンの分泌が活発になるから。このことからも、胸の成長には 女性ホルモンの影響が 大きいことはわかるはず。そして、成長期といった限られた年齢に関係ないことも。胸が小さくて悩んでいる人は、女性ホルモンが分泌さ れるように努力して、バストアップに励みましょう。


ところで、胸の悩みを抱えている人は、冷え性や貧血、生理不順などでも悩んでいることが多いそうです。これらは女性ホルモンとの関係が深い症状なので、胸の大 きさにホルモンバランスの崩れが関係するという説は、かなり信憑性があると思われます。


ですので、胸を少しでも大きくしたいのであれば、体調を整えたり、ストレスを避けたり、過度なダイエットをやめたり、マッサージをしたりと、バストアップ=豊胸のために女性ホルモンが分泌されるようにしましょう!